一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 

GIGAZINで見つけた気になる写真。


マリオルイージの親子のコスプレ 

なんともほほえましいね。



KumaももちろんごひいきのサイトGIGAZIN

「なかなか気合いの入ったゲームキャラクターのコスプレいろいろ」より

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081105_cosplay/
| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 10:40 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
読書の秋...

ということで最近kumaが読んでる本の紹介をします。



さっき図書館で本返したときに延長してきた一冊。
パッケージデザインの本。

年鑑日本のパッケージデザイン2007
なんとこの本18000円もします。

2007年度のパッケージデザインで賞をとったものが載せられています。
アイデアが面白いものから、きれいなものまで、
インスピレーションが湧いてくる!



これは「赤玉」というお酒の紙パックのパッケージデザイン。
(瓶もある)イラストが描かれていますがふたの部分が本物になってます。


チョコレートとかのお菓子のページ
円柱のは不二家のRというチョコレート菓子のパッケージ。


他のページでビスコが載ってた。

昔と比べるとこのパッケージの男の子は
わりと今時の顔をしてるんだよね。


おなじみの商品でも時代によってデザインが変化してるから調べてみると面白いよ。

 
| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 14:04 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
 
Kumaは普段実用書とかしか読まない。
けれどこのせっかくの


「読書の秋」

Kumaは本を読みたいという衝動に襲われました。


それに至る経緯...。↓


最近

よっちゃんが夏目漱石の「こころ」を買ってきてていまよんでるみたい。

こころは授業でラストの周辺だけ習って知ってるから買うまでにはいたらなかった。

(どうせやるなら最初から全部読むたかったな〜)


そこでKumaも触発されて、


何か有名なもので、読んだことがないけど、読むべき本ってのを
求めて本屋さんへ昨日寄ってきました。


そこで買ったのがこれ。



ビビットなカラーに目を引かれます。

太宰治の「人間失格」

帯の絵は初版の際に表紙絵に使われた絵の一部なんだよ。


そういえば
デスノートの作者の小畑健が何作品かとコラボして表紙描いてたよね。

そのおかげで売り上げが急上昇したとかいう話。






夏目漱石の「こころ」



太宰治の「人間失格」


小畑健って「おばたたけし」って読むって知ったのはつい最近。


それまで「おばたけん」ってずっと思ってたよ。><







| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 14:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
 

先日買ってきた

パッケージデザインの本。


パッケージの展開図があって
大変参考になります。

ちょっと高い3800円



パッケージの写真の下に概要が少し載せてあります。


結構分厚い本。


CDが付いてるよ。








| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 14:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

「会社の品格」っていう本 

こんな本買った覚えはありません。


この本は就活で自分の作品をデザインや広告関係の事務所に
送ったところ、電話で返事が返ってきて

その翌日くらいに社長の文書と送られてきたおすすめの本(?)




Kumasanに少しでも理解して頂く為に
社員のみなさんにレポートを提出してもらったものと
本を送らせて頂きます。


来社時に返却して頂ければ助かります。

とにかく本を読むことをお勧めします。
無駄をなくす為に何かが違うと感じた時点で
それ以上その本を読むのは無駄なのでやめた方がいいと思います。
波長の合う合わないはありますから、
自分と波長の合わない本人とのかかわり合いは無駄だと思います。

time is money    長く生きてきた自分が若い人にアドバイスできるのは

人生はあっという間、嫌いな人、嫌いなことをしている時間はない!です。


お会いできるのを楽しみにしています。



                          10月11日 0:15(名前)




さっき読み始めた..!^^


冬休みに入ったら

(福岡は遠いので考慮してくださるそうで)


面接に伺います。



 
| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 14:58 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
 

古本屋さんで買った。600円くらいだった本。

スキルアップになるといいなって思って。


中身もイラストがほとんどでわかりやすいし楽しいよ。




| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 16:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

ほんとは自分で買うつもりだったけど、

みどりチャンに借りた本。


かわいくて機能性を重視した日用品や雑貨の通販雑誌。


3センチくらいで分厚くて内容は充実。

しかもこの内容の充実で380円
安い!買った!


ひとつの商品につき6種類くらいデザインが違うのがあって


頼んだらどれがくるのかわからない。


それが売り。


うーん。このシステム案外いらないかも。


Kumaはこれと言ったらこれ。

好きな色ってみんな違うと思うんだな。

どう思う?


krasoのホームページに行ってみてね。


 
http://www.felissimo.co.jp/kraso/


(この雑誌こそが前の日記のせんぱいの雰囲気。)


| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 16:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
 

この前三日間でこれまでやれなかった誕生日会をまとめてやったとき
(Kumaとるりちゃんとみどりちゃん)

とみいがくれた本。




羽海野チカのかわいい表紙ー!

「kumaちゃんはこういうのが好きだろうと思って」って。


ああ好きです大好きです大好物ですよー!

こんなかわいい本くれたとみいもすきだよ!ありがとう!


漫画に出てきたお菓子や登場人物のイメージをお菓子等
のレシピ本であり、

筆者のその作品に対するフード的考察が載せられています。



Kumaの好きな漫画家の

オノ・ナツメ「リストランテ・パランディーゾ」

をイメージしたショコラート・ドルゾであったり





しおりの好物の「蟲師」のイメージで
主人公のギンコが携帯食として持ち歩いてるのを想像して作った
「煙の味のカントウィッチ」


たべてみたいなー!!!!

時間があったら

いやいやジカンを作って
手作りしてみたいよね。




「ハチクロ」の羽海野チカさんとの対談も載っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

羽海野チカさんはフードのかわいさだけを描く作家さんとは違うじゃないですか。

コロッケの話、カボミントの話、こういう風にかける人は少ないって、食べ物で大笑いをとる人ってセンスのある人じゃないと難しい。


それにいきなりキャラに親しみがわくんですよね。


物を一緒に食べてる人たちって真の仲間なんだなって。
きっとこの中から裏切り者は出ないんだなって。


食べるシーンでわざわざ食べようとしない人は腹の底が見えない人。


謎な人は食べない。ハチクロではリカさんがそうで、


その人が食べない食べないで来て「食べましょう」って言ったのは生きていく決意。


「私、生きていきます。」じゃなくって「食べましょう。」で良いんだって。


食べなくなったら人間がどういう精神状態でどうなるかまで描いてる。
例えばはぐちゃんが精神的にまいって吐くシーン

そういうところの使い方とか。

(福田里香著「まんがキッチン」より8ページ2段目〜3段目の一部抜粋)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初対面の人で、この人と親しくなりたいと思ったら、
一緒に食事をするとこころが打ち解ける
という心理テクニックがあるけれども

この考えと同じだと思った。


食べるということは人間の本能に近い行為だよね。

本能的な部分を初対面の人間にさらけ出すことで

人と人との距離が縮まるのかも。







| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 22:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

彩さんが次に紹介してくれたところ、


銀座グラフィックギャラリーで行われていた

原研哉展「白」に行ってきました。



原研哉WORKS
松屋銀座リニューアルプロジェクト
長野オリンピックプログラム
EXPO 2005 AICHI プロモーション
日本各地での仕事
北京オリンピックシンボルマーク最終エントリー案
RE-DESIGN展
 無印良品




異次元に舞い込んだような感覚も
〔(C)Mitsumasa Fujitsuka〕

21世紀の鹿威し。「水玉」だけが無言で動いている 
〔(C)Mitsumasa Fujitsuka〕
 


この企画展の様子がまとめられた動画がありました
是非多くの方に見てもらいたいです。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=GZCvbLjAlXA


言葉を失うとはこういうことなんだな。
本当に心の底から見れてよかった。


続く


| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 22:50 | - | trackbacks(0) | pookmark |
 
 

今日みたもの

「黄色い涙」

  • <ストーリー> 

  •  東京オリンピックを翌年に控えた1963年、
  • 高度経済成長期真っ只中の東京の阿佐谷で、マンガ家の村岡(二宮和也)
  • 歌手の井上(相葉雅紀)、画家の下川(大野智)、小説家の向井(櫻井翔)ら4人の芸術家の卵たちが、とある計画を実行しようとしていた。ガンに侵された村岡の母を東京の病院に入院させるため、嫌がる母を上京させようとするのだが……。


  • (サムネイルを見て文字のロゴに惹かれてみたけど途中まで見て眠くなった)



「ヘドウィグアンドアングリーインチ」





ストーリー

男性から性転換したロック・シンガーの数奇な半生を描く、オフ・ブロードウェイで大ヒットしたロック・ミュージカルの映画化。監督・脚本・主演は舞台版と同じく、演劇界で活躍するジョン・キャメロン・ミッチェル。

公式HP

http://www.gaga.ne.jp/hedwig/open.html
(ストーリーは重視しないけど、
  途中に流れるアニメーションが好き。みなぎってる映画
  主人公メイクしてない方がかわいいよ。)





「扇風機おばさん」
(韓国の美容整形の大失敗した人)


 教えてもらったので見てみたよ。整形絶対やらない......
画像は衝撃的なものなので載せません。もしも見たくなったらyoutubeでみてね 

youtube

http://jp.youtube.com/watch?v=8_ycwWCslbo
| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 19:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |