<< ファンシージゴロ♥ペル | Main | あたまんなか大解剖 >>
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 




社長がまた本をかしてくれた。


江口克彦
部下の哲学
 


やっぱり本を読むことは
語彙も増えるしいいコトずくめだと思った。

社会人としての感覚や考え方がつかめるので
今のうちにこういう本読んだ方が
社会になじみやすいということもあるので


自分の為に読んでみてます。




中身


第一則
熱意とやる気がある


熱意こそがやる気を拓く20
逃げてはいけない、とにかくやってみる22
三つのJで仕事を進めよ25
連続して知恵を出せる人がプロ28
熱意なき人生はマイナスの人生31


こんな感じです。



この前の連休中にNHKで
爆笑問題の「爆笑学問」という番組をやってた。
Kumaとお父さんはこたつに入ってみてたんだけど、

そのときは爆笑問題の2人が京都大学に行って、教授と討論をしたり、観客の学生たちの質問や意見に対して、自分の(主に太田光が)考えをぶつけたりする
公開討論みたいなことをスペシャルでやってた。


自分の考えを言葉にし、それを相手に納得してもらう為に選んだ言葉を文章にして気持ちをぶつける、討論って大変なエネルギーが必要なんだと思った。

太田光は本当に物知りで、自分の意見を即返してる、頭の回転の速いこと!

討論って答えはこれしかないっていうことがなくてそれでも自分の意見で考えを伝えるから面白いんだよね。

今、社会人になろうとしているKumaは自分の頭の引き出しをたくさん増やしたいから
いろんな人の考えを聞いてそれを自分の言葉で変換してみることに重きをおいてるんだけど


そのためにはブログっていう文章表現の場としてのひとつのツールが大変ためになってると思う。


自分の気持ちや考えを書き放題できるから、頭とこころの整理整頓がつくし。
後からこの日は....って見直せるからとっても楽しいですよ。
まだブログをやっていなければ、ぜひお勧めします。


これからも感じたことを自分の言葉で書き綴っていきたいと思います。
つたない文章ですがどうぞよろしくお願いします。












| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 15:32 | - | trackbacks(1) | pookmark |
 
 
| - | 15:32 | - | - | pookmark |
 
TRACKBACK URL
http://mochikoron.jugem.jp/trackback/128
TRACKBACK
俺のビールはニセモノでどこから呑んでも酎入りだぜ こまかくやってても、仕方ない。 いずれにせよ、いまのままじゃ知れている。 まとまった労働。 笑っていいともを久しぶりに観た。 爆笑問題と千原兄弟が競演してる。 昔、TBSラジオのアップスという枠で、 千原がア
| 今気になるニュースについて考察するブログ | 2008/11/27 6:10 PM |