<< スッピン | Main | すてきブログ >>
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 
 

さっきパソコンで見つけてみてた
爆笑問題の「爆問学問」


”あー疲れた”の正体


体の中(血液中や脳内に潜む)に潜む
HHV-6がこの疲れの正体と言っても良い。

普段は人間の体の中に潜んでいて、長生きしてもらいたいと思ってるけど、
この人間が働きすぎて体が弱っているときに
体から逃げようとして、唾液にたくさん含まれて出てくるそうだ。



疲れを感じないという太田光




その唾液をそくていして、
唾液の主に「今どのくらい疲れているか?」の質問
に答えてもいらい、グラフを作ってみたところ...。





こんなに無理をしてた


体は疲れているのに
疲れているはずがないと思い込んで、感覚が麻痺しちゃってる
太田さんでした。


ちなみに黄色いラインが平均値
Mさんは番組マネージャ−、
YさんはAD


疲れたーっ言ってるくせに本当は余力があるはずの
Yさん....(笑)


「田中さんは意外とバランスがとれているんですよね。」

自分ではいける...と思っていても。

HHV-6は人体が疲労を感じていると
疲労タンパク質を分泌する。これが鬱病の原因と考えられているそうだ。
どうやらたくさん分泌されると鬱病になりやすいらしい。

その結果、心臓病や肝臓などの病気に侵されてしまう。




日本の「過労死」は英語でもKaroushi世界共通語。
他の国々には例がなく、日本独特の死亡例である。

このことからわかるように、
今のところこの疲労に関する研究は日本が世界で最先端を行っている。


「大体こんな研究すること自体が日本人らしいですよね」


また、偉大な研究者は日々研究に悩み、そして疲労し、
HHV-6が大量に出てるときには世紀の大発見がおこる。という
面白い傾向もあるそうだ。









| カルチャー(動画☆ネット☆映画☆本など) | 17:40 | - | trackbacks(1) | pookmark |
 
 
| - | 17:40 | - | - | pookmark |
 
TRACKBACK URL
http://mochikoron.jugem.jp/trackback/187
TRACKBACK
心臓病に関する基本的な情報です。
| 心臓病 | 2008/12/12 3:28 PM |